スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

2008年8月1日(金)

4週間ぶりの病院。
この4週間色々考えて、考えて「手術してやる!」と覚悟した。
それが一番後悔しないと思ったから。
折角、いい卵採れたんだもん。この卵で妊娠できると信じて頑張ってみようと思った。
お腹に傷が増えること、みんなに心配かけてしまうこと、手術の本当の理由をいかに隠すか気を使うこと、智(ペットの犬)に10日間も会えなくなること、いっぱい辛いことはあるけど、毎日頑張って注射打ったのを無駄にしたくなかったから、覚悟した。

今日は入院の手続きの話があるだろうと思って、旦那に休みを取ってもらって一緒に行った。

診察前に内診があって、先生に『んー。卵管の腫れがなくなってますね。移植にむけて準備できますね。』と言われた。

ん?今、移植って言った?
いやいや、まだ信じるのは早いぞ。未だつかみどころのない先生だからな(笑)

内診後、診察でちゃんと聞いた。
先生 『手術はしなくていいから、キャンセルします。』だって♪

うそー!覚悟してたのに今になってキャンセルだとー?
いや、手術したかったわけじゃないけど、8月22日に手術予約してて直前でも手術しなくてすんてよかったと思うけど、今までずっと色々考えてきたのは一体何だったのー?って思うじゃん。
でも、よかった。神様はいじわるじゃなかった。私が手術することになってたら、旦那もお義母さんも倒れるとこだった。
今、伯母が再入院してるからね。今度はうつで。仕方ないよ。ガンの治療は辛いんだもん。うつを一度したこともある伯母は再発しやすいんだし。

私はとりあえずスプレキュアを12日から一日朝・昼・晩と3回することになった。それで、薬の効き具合の確認に、次は23日(土)に通院になった。移植は9月中旬らしい。楽しみだ~♪

病院の帰り、伯母のお見舞いへ行った。
伯母は、抗うつ剤が効きすぎてるのか、うつの症状だかは、よくわからないけど、目を見て話すことが出来なくなっていた。目の焦点があってないし、食事も箸で上手に口に運べないし、立つことも、起きあがることもできなくなっていた。うつって、こんなにひどくなるんだ・・・
でも、なんとなく悪い予感はしなかった。きっと治ると信じれた。だから、今は伯母の看病も、お見舞いも辛いけど、踏ん張りどきだと思った。看病で疲れてるお義母さんのサポート頑張ってあげなきゃ。

最近、自分は強くなったなーと思う。
不妊治療をはじめた頃、初めての採卵が失敗に終わって落ち込んで気ばっかり焦ってたときに、伯母のペースメーカーを入れる手術があった。あのときは本当にきつかった。自分でいっぱいいっぱいなのに、お義母さんのサポートもして、休日はお見舞いに時間使うので遊びに行ってストレス解消することもできなかったから、辛かった。
それを思えば、今は頑張りすぎないことを身につけたし、不妊治療もあまり焦ることはなくなったので、今回は随分楽。
いやー本当に強くなったよ。私。
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ななんY

Author:ななんY
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。