スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

2007年10月12日(金)

新設した生殖医療科へ初めて行ってきた。
最初の受診は旦那と一緒のほうがいいと聞いていたので、旦那に休みをとってもらい一緒に行った。
生殖医療科は他の診療外来がない3階にあって、エレベーターで行けば他の患者さんや、もちろん産科に通う妊婦さんにも会わなくて済むところだった。そして、お外がよく見える眺めのいいところだった。新しくてキレイだったので先生の顔も明るくなったような気がした。

待ち時間はかわらず待たされた。
もしかしたら、これを機に、先生は患者としっかり話して診察してるのかも。その結果、待ち時間が長くなってるのかもと思ったらガマンできた。
待ってる間、問診表に記入した。
身長、体重、年齢、病歴、妊娠経験やら基本的なことから、不妊治療に必要そうな家庭環境や今の精神状態などのデータを取るようなものもあった。病院で初診扱いされるたびに書く病歴。もう何年も前のことだし、よく覚えていないので面倒。今回もまた初診扱いだったせいか、保険のきかない血液検査のせいか、二人の診察代が1万円いったのでビックリした。

診察では、どうしても納得できなかったことを聞いてみた。

私 「もう一回採卵と言ったのは、なんでですか?」
先生『卵のグレードがレベル3あるとすれば、レベル2だったので、もう一度採卵をして、移植する卵を比較した方がいいとお伝えしたつもりだったんですが。』
私 「移植するとしたら、順調に準備が出来て、いつ頃になりますか?」
先生『来月の20日頃です。』

なんだ、そうだったの。初めて聞いたよ。言った言ってないで先生を攻めるつもりはないし、これでようやく納得できた。
今回移植して妊娠できたらそれでいいし、仮にダメだったとしても花粉症の時期に重なっても採卵はできるので、次は移植がいいと思った。
先生が予定してた通り、また採卵をしてると、移植の時期が花粉症の時期と重なることになる。くしゃみでやたらお腹に力が入るときに移植したくないし、花粉の時期が終わるのをまた待つなんて時間がもったいないので、旦那と相談して、とりあえず1回はやってみよう!ということになった。
レベルはあくまでも成功率の話で、レベル1でも妊娠する人もいるらしいし。自分が妊娠できる絶対の自信はないけど、とりあえずやってみることにした。

今、排卵の時期が基礎体温表を見ても判断しにくくなってきている。
なので、排卵がきてるか来週確認しに行くことになった。
そのときに、これからどう準備するかを聞くことになった。

いよいよ待ちに待った。1年も待った移植♪
今はとりあえず前に進めることができて嬉しいばかり。
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ななんY

Author:ななんY
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。