スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

2007年8月27日(月)

採血とホルモンの数値の結果を聞いてきた。
先生『卵巣は弱ってるけど、排卵はありそうです。』とのことだった。

なんと卵巣が弱っていたのか・・・治療休んでる間に、女性ホルモンにいいとされるザクロジュースを飲んでなかったからかしら?採卵するのに卵巣に無理かけたから疲れが出たのかしら?このまま治療で卵巣に負担かけてガン再発にならないかしら?私長生きできるかしら?命削ってまで頑張りたくないよ?・・・・とショックで色々不安になってしまった。

それから、一応また採血することになった。
採血はやはりあのおば・・・・(以下略。腹が立ったのは言うまでもない。)

それから、また診察。
そしたら先生がまた『採卵に向けて』と言った。
「次は移植じゃないんですか?」ともう何度目かになる確認をした。
先生は前の病院のカルテを珍しく丹念に調べてから言った。

先生『前の病院のカルテに移植の前に採卵ってかいてあるんですよ。』
私 「そんな話は聞いたことありません。」
先生『とりあえず、移植しますか?』
私 「はい。」

それで移植へ向けて進むことを決めてきたんだけど、9月19日に生殖医療科という不妊治療専門科がオープンするそうで(本当に先生がオープンって言ってた。オープンってショップかよ・・・)オープン以降に電話で予約してから次の通院ということになった。
また待つのか・・・いつになったら妊娠できるんだろう・・・
とりあえずチケットを取ったミスチルのライブには絶対行けることになったから、いいか。

家に帰ってからも考えたが、一体いつ『移植の前に採卵』という話をしたのか、そんな話があったのか、わからない。毎回診察で話したことはスケジュール帳にメモってるけど、書いてなかったぞ。先生が間違ってカルテに書いたんじゃないの?とか思ったけど、そんなことでいちいち揉めて、治療に差し支えても嫌だし、すぐ移植するって決めたんだし、いいか。今まで話が食い違ってきたのは、カルテのそのメモのせいだな。私ももしかしたら、受精卵が一つでもできたら次は移植って思いこんでたから、先生の話を聞き流してたのかもしれないしね。
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ななんY

Author:ななんY
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。