スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

2006年8月25日(金)

いよいよ採卵の日。

採卵直前に旅行って・・・と思ってたけど、昨日、おとといは旅行で気が紛れていたから、なんだかんだ言ってタイミングよかったと思う。
昨日までは、「まだ逃げられる。」と採卵の恐怖からやるかどうか迷っていたけど、いざ当日になると「行かんといけん。」と意外と腹をくくれるものだった。

しかし、実際採卵をする処置室(培養室)に入ると、色んな機材があって、それが大げさに感じて「自分がとんでもないことをしようとしてるのかな・・・」と思いはじめて怖くなった。何されるかもわかんないし、油断したら泣きそうだった。

処置室に入ってから、横になって、30分準備(麻酔&抗生剤の点滴の為の針を刺す。膣の洗浄。これは器具がぐりぐり入って気持ち悪かった。あとは血圧計と脈拍計をとりつける。アンケートに答える。)しながら待たされて、ようやく麻酔をして採卵の始まり。
麻酔をするとき『胸がドキドキしますから、ゆっくり呼吸して目を閉じてください。』と言われた。
確かに緊張かどうかわからないけどドキドキして苦しくなった。眠くなってきたと思って、まばたきを2回目にした後はもう覚えてなかった。ZZZ・・・

麻酔がきれてくる頃には病室のベッドに寝ていた。
なんとなくベッドにストレッチャーから移動して、ナースコールを握らされたのも覚えてた。
それから徐々に頭がはっきりしてきた。
「あぁ終わったんだ。何事もなく終わってよかった。」と思ったら安心したのか涙が出た。
それから点滴が終わったので針を取ってもらってぐっすり寝た。
寝てたら旦那がやってきた。朝一緒に病院まで来てくれて私が処置室へ入るときに仕事へ行った旦那。しかし、イライラして仕事にならなかったらしく、昼には来てくれた。
口がすごく渇いていたから、ジュースとプリンを買ってきてもらった。

夕方にもう一回抗生剤の点滴(採卵は膣から長い針を刺して卵巣から卵を取り出すからね。ばい菌が入らないようにってことで。)を打って、先生の外来が終わるまで待った。
待つ間クロスワードをひたすらして時間潰ししたが、先生が来たのは19時。待ちくたびれた。
先生が来てからは内診をして、出血とか異常がないか確認。それから診察。

先生『今日は卵が2つ採れましたからね。旦那さんの精子の動きだと受精するでしょう。明日受精したかどうか電話します。』と言われた。

自分は卵巣が弱ってる分、卵巣にかける刺激も弱いので、取れる卵は少ない。(強い刺激だと10個とか取れる人もいる。そのかわり副作用で水がたまるとかあるけど。)2個しか取れなかった。前もって説明きいていたことなのですんなり受け入れられたけど、次の言葉にはビックリした。

先生『受精卵は凍結しておいて、次の周期で戻しますからね。今周期はクロミッドを飲んでいるので子宮の状態がいいとは言えないですから。』

これって、先生の計画であったことだろうと思われる。
しかし資料には【採卵をして受精卵を培養して2,3日後には子宮に卵を戻す】と書いてあった。それを信じていたから、また1ヶ月待つことに驚いた。そして、そのことは「前もって説明しておいてほしかった!」とイラついた。先生は様子を見ながら方法を考えてるんだ・・・と思うことにはしたけど、先生とイマイチかみあわない気がした。
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ななんY

Author:ななんY
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。