スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

2008年10月14日(火)

ドキドキの結果判定日。

ダメだと90%くらい思ってた。
残りの10%は、頑張ったんだからっていうのと、いい卵だったんだからっていうのと、旦那の占いに【今日は良い知らせが聞けるかも】だったから。こういうのは案外励まされる。

朝、ちょっと勘違いでエストラダーム(貼り薬)が足りないと思って、病院に電話した。
『いつもどおりの時間に貼りかえるのが望ましい。』と言われたので、予約が14時からだったのを、家をすぐ出て10時半には病院に着くようにし、薬をもらった。勘違いだったので家にあった薬を貼りかえて行ったので、もらった薬はカバンに入れておいた。それから、採血と採尿をした。

採血の結果待ち中、連休明けで患者さんも多いと思って、のんびり近くの店でランチをした。1時間くらいで電話があった。食事の終わりかけではあったけど、思ったより早く呼ばれたので、若干焦り気味で病院へ戻った。戻る道中、ダメだったら、あれを聞いて、これを言おうと心の中で準備していた。このときには完全にダメだとしか思えなかった。

ところが・・・

『うまくいきましたよ。ここに妊娠反応の線がはっきりと出てますからね。』と先生が検査薬を指さして言った。
驚いて、そんなこと言われたのが信じられなくて「はぁ・・・」と気のない返事をしてしまった。
『あ、もう検査しました?』と先生に聞かれてしまったけど、そんなことは怖くてしてないし、結果を知ってて気のない返事をしたわけではないのだ。うまくいったときの準備を全くしてなかったので何も言えなかっただけ。
先生はニコニコしていた。先生も結果が出せて嬉しいんだろうな。患者に妊娠を伝えられるのって先生も報われるんだろうな。
私も嬉しいんだけど、信じられないのと、まだまだこれから何が起きるかわからない、弱った卵巣がどこまで頑張れるのかもわからない、未知の世界へ突入で、不安だらけだから、素直に喜べない。
もう、ぬか喜びは嫌だもんね・・・

先生には『赤ちゃんの袋が確認できるまで4週かかりますから。それまで薬は継続してください。』と言われた。
袋?袋・・・・赤ちゃんの袋・・・ん?赤ちゃんに袋ってあるの??
と混乱したので「袋って何ですか?」と質問した。
そばにいたU看護師が『はじめてのことだから、わからないですよね。赤ちゃんの袋があるんですよ。』と言われた、が、結局答えになってなかった(笑)

まぁ袋っていうのがあるんだろう。まだ内診では子宮しか見えなかったけど、赤ちゃんがいるんだろうな。すごいや。

※子宮に赤ちゃんが入る袋ができるそうです。それを胎嚢(たいのう)と言って、その袋の中で赤ちゃんやら羊水やらが入るそうです。

帰りは伯母のとこへ寄った。洗濯に行きたかったお義母さんに喜ばれた。行ってよかった。夕方まで付き添っていたので疲れた。お義母さんには申し訳ないけど、まだ無理してでもサポートできなくなったよ。ごめんね。複雑な気持ちだよ。今日から手伝うって腹決めてたのにね。嬉しいことだけど、また手伝えなくて悶々としちゃうよ。赤ちゃんが無事育って3ヶ月くらいになったら、ちゃんと報告してあげたいな。3ヶ月、伯母のことも、自分のことも、何があるかわかんないけど、長いなぁ・・・

結局、何がよかったのかわからないけど、散歩・マカ・柔軟・睡眠・温める・そこそこに遊ぶ・冷たいものを飲まない・体をあたためるものを食べる・カフェインは飲まないなどを続行して注意しましょうかね。
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ななんY

Author:ななんY
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。