スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

2008年5月12日(月)

今日は10時予約だったけど、旦那の精液検査が9時からだったので一緒に行った。

処置室に一緒に呼ばれて、旦那は検査の説明を受けてすぐ採精室へ。私はそのまま採血された。しばらくして旦那が戻ってきたので、旦那の会計を済ませて、旦那が仕事へ行くついでに、私は採血の結果待ちの時間つぶしをするべく近くのお店へ車で連れてってもらった。

お店で1時間強時間を潰して、病院から連絡はなかったけど、お店にいるのも疲れてきたので病院へ戻った。10分くらいで『診察室の前で待ってて。』と言われた。待ってたら診察室から賑やかな雰囲気が伝わってきた。

なにやら楽しそうだねーと思って、何となく気になったので、診察を終えて出てきた患者さんを見た。
そしたら、採卵で一緒になったとき声かけて友達になった人だった!
私が診察に呼ばれるまで少しお話した。そしたら、その友達は『助成金のこと知らなかった。』と言っていた。なんと、10万戻ってくるのに、知らなかったなんて大変!先生教えてあげてなかったんかい!どうやら楽しそうと思っていたのは『えー!?助成金ってお金戻ってくるんですか?』という驚きの声だったのかも。

内診に呼ばれたので友達とバイバイして、内診で卵のサイズを計って、子宮内膜の厚さも計って、膣洗浄をした。

先生『採卵は水曜日にしましょう。』と決まった。

げ!水曜日って旦那が遠足の引率で朝から丸一日いない日じゃん。
よりによって水曜日か・・・木曜日ならよかったのに・・・・あと一日待ってほしかった・・・

先生に「木曜日ではダメなんですか?」と聞いたけど『卵を採るのが遅くなるとよくないんですよ。』と言われたので、仕方なく(もなにも、この日しかない)水曜に採卵をして、精子は前日に採って凍結しておく方法にした。

『他に聞きたいことはありますか?』と言われたので、少し気になったことを確認して、あと「今日注射ありますか?」と聞いた。あっさり『ありますよ。』と答えられた。思わず「あー・・・」と言ってしまった。

注射の準備待ちの間、採精に来れる時間を確認するため旦那に電話した。『今日(月曜日)は無理。明日(火曜日)は忙しいけど同僚に無理言って行く。』と時間を取ってもらったので、明日の11時~12時に旦那の予約を取った。明日はよろしくね。

今日頑張ったら注射はおしまい。今日の夜12時と翌日朝2時にスプレキュアをすることになった。そして明日は通院がなかった。やった~(^^*)
先生も『明日はゆっくりしてもらって、水曜日に採卵しましょう。』と言っていた。毎日通院して注射も頑張りましたねって思ってくれたのかなと思うと嬉しかった。明日は通院なしで、夜9時以降から採卵が終わるまでは飲食禁止を守るだけ。楽勝だよ。頑張るぞ!

今日も注射があると聞いて、思わず「あー・・・」と言ってしまった後、先生が『でも今日は2本ですから。あと一押ししておきましょう。』と言った。2本?痛いのが減ってくれてるといいんだけどと思ったけど、注射に呼ばれて看護師さんに確認したら『痛いのはあります。お腹のが減っただけですよ。』と言われた。あるんかい。痛いの。減ったのは一番痛くないのだけだった・・・( ̄∀ ̄;)

前回の反省をふまえて今回は「フォリスチムを先に打って。」とお願いしておいた。看護師Mさんは注射が上手だと思う。あまり痛くなかった。今回は唸ることはなかったけど「ふー・・・」と息がもれた。

頑張ったなー。私頑張った。だから卵採れなきゃ許さない!
受精して凍結できなきゃ発狂するよ。
なんだか今日はいける気がしてきた。
こんだけ頑張ったんだから、絶対次は移植できるって!
凍結できるって!受精できるって!いい卵採れるって!
妊娠できる卵になるって!
うまく自信がわいてきた。ただの勘だけど、あたればいいな~♪

ところで、今日旦那に急いで電話して、「採卵が水曜日だから前日採精になるから、時間はいつかいい?」と聞いたら『今、時間決めろってこと?』と、ちょっとムッとした声だった。忙しいのはわかるけど、明日のことなんだから、家に帰ってからのんびり予約取るものでもないだろうって思って、こっちも急ぎで電話してるのに、なんでよりによって水曜日?みたいなイライラもあったんだろうけど、私にあたられてもねぇ・・・・
さっき「水曜だから、ごめんね。」って言ったのに、イライラされてもね・・・別に私が謝ることじゃないんだけどね。
なので「先生に木曜日じゃダメかって聞いたけど、採卵を遅らせるのはよくないって言われたんじゃもん。」って言ったら『あーそうなん。それなら仕方ないね。じゃぁ明日頑張ってくるけん。お互い頑張ろうね。』とようやく言ってくれた。まったく・・・

今日の診察代
旦那 ¥12,300+¥2,330
私   ¥12,970(再診 ¥700、注射 ¥7,450、採血 ¥4,210、消費税 ¥618)
スポンサーサイト
line

2008年5月11日(日)

昨日はカラオケに行って、夕飯はお弁当を買って楽させてもらったので、随分元気になった♪
おかげで夜は家の片付けを少し頑張れた。

今日も9時に通院。看護師Kさんだった。左のお尻に打ってもらった。

何も言わなかったからだけど、いきない痛いのを打たれた!(T□T)!!はぅっ
お尻を出してうつ伏せになり準備をして待ってたら『じゃぁ痛いのからね。』ってさっと打たれた。問答無用だった。何も言ってなかったから仕方ないんだけど「ちょっと待って。」って言う間もなく打たれた。
痛かったー・・・
左足は(注射する側なのでお尻に力入れないため)動かせないので、右足をバタバタさせて「うぅー・・・」と唸った。
そこへ、すかさず『じゃぁいつものね。』って続けざまに2本目を打たれた。
最初のが痛くて力んでたはずなのに、さっと打たれた。
ううううぅぅぅぅぅー・・・痛いよーぉぉぉぅー・・・
まだお尻が痛い中、仰向けになって、おへその横に3本目を打たれた。
『これは痛くない?』と聞かれたので「まだお尻が痛い。」と答えた。
終わった後で「いつものを先に打つ方が性にあってるかも。いつもの痛みで気持ちの準備をしてから、痛いのに挑んだ方がいいかも。」とKさんに言ったら『そうだったのー?ごめんねー。痛いのを先に済ませようという性格が・・・明日は先にフォリスチムを打ってって伝えてね。』と言っていた(笑)
はい。そうします( ̄ー ̄)フフ

今日は力んだとこへ打ったせいか、夕方になってもお尻がまだ痛かった。
明日は大丈夫かな・・・?

日曜日だったので旦那と一緒だった今日の通院。
お尻を痛がってたら旦那が笑った。
『痛いのはかわいそうなんじゃけど、悪いけど笑ってしまう。』だと。
どうやらKさんとのやりとりがおかしかったらしい。
痛いのに・・・めっちゃ頑張ってるのに・・・・・笑うなよー!(`ω´)
でもいい。許す。昨日はお昼ご飯作ってくれたし、ケーキ買ってくれたし、最近家事を手伝ってくれる努力がみられるから。それに痛いけど、本当に痛いけど、まだ心の余裕があるから、いいわよ。許す。

(再診 ¥700、注射 ¥7,450、その他 ¥7,298)計¥15,850



line

2008年5月10日(土)

平日は頑張ってお弁当作ってから通院してた反動で、今日は落ち込んだ。

また病院か・・・・毎日毎日うんざり・・・・と。
注射は打たれ慣れてきたんだけど、通院がね・・・・( ̄ー ̄)

9時前に病院へ行ってきた。
今日は患者さんが多かったので、採血してから1時間半待った。
内診してから、また待って診察。
今日の内診は(卵巣腫瘍の手術の影響でできた)癒着してる所に強くエコーの器具を当てられて痛かった(T-T)

診察では『卵が5つ大きく育っていますからね。』と先生が嬉しそうに笑顔で言ってくれた。「はぁそうですか。」と気のない返事をしてしまったが、後で旦那に『今までは卵が2,3個しか採れんかったのに、今回は5つも採れるかもしれんね。スゴイね。』って誉められて、気づいた。
そうだった!5つってスゴイことだった!!

注射も打たれ慣れてきたし~♪と気楽でいたら、『今日から排卵を止めておく薬と、今までの刺激をする薬と、卵を育てるのを支える薬をします。注射が増えます。』と聞いた。ガーン・・・( ̄∀ ̄;)

診察後、看護師Mさんに呼ばれた。
いつも注射を打ってもらう部屋(処置室)の机には注射器がズラリと3本並んでいた。
それを見て固まってしまった。
そこで、注射が痛いことを聞いた。
「えー?どんだけ痛いんだろー??」とハラハラしながら、まずは今までの注射を右のお尻に打ってもらった。その後、痛いのを打った。
量は今までのより少ない0.5で針も細いはずなのに痛いだって。
薬の成分がそうさせるらしい。そして、打たれた・・・

イッターーーーイ!!!(T□T)

思わず「うぅーー・・・」って唸った。
他の患者さんに言われて、痛い注射だと看護師さんも気づいたらしいけど痛い。本当に痛い。散々病院で痛い思いをしてきたので、想像よりは痛くなかったけど、痛いものは痛かった。他の患者さんは、泣くつもりなくても、痛さのあまり涙がすっと出る人もいるんだって。私はこらえたよ。私強い?ダレか誉めて?笑

さらに、その後、3本目の注射、皮下注射をおへその横に打った。少し痛いだけだった。採血くらいの針だけの痛み。

まさか、ここへきて注射が増えるとは・・・明日も同じ注射なんだって・・・・
採卵が決まるまでは痛いの続くんだって・・・・
一応、月曜日に診察して2本か3本かになるのが決まるらしい。
よくわかんないけど、痛いのは減りそうにないなぁ・・・

頑張るよ。私は。卵の質を変える為だもん。これだけ毎朝通って卵採れなかったら、受精して育たなかったら、移植して妊娠しなかったら、私は壊れると思う。マジでどーにかなると思う。これだけ頑張ってるんだよ?神様見てますか?観音様見てますか?お願いだからゴホウビプリーズ!!

毎朝通院と痛い注射で落込んだので、旦那が『気晴らしに遊びに行こう!』と誘ってくれた。でも天気はイマイチだし、採卵前に疲れて前みたいにお腹壊したら嫌だし・・・と乗り気になれなかった。自分でもあまり乗り気になれないのは、うつになりかけてるのかと心配になった。でも、どうしようもないので遊ぶのはやめた。その代わり、近所に新しくできたケーキ屋さんに寄って帰ることにした。そして気晴らしにカラオケに行くことにした。このくらいなら疲れは出ないだろう。最近元気をもらっているおバカさん羞恥心を歌おう。

今日はもれなく注射が増えたのと、採血で高かった。2万って・・・ 計¥20,660
(注射 ¥7,820、採血 ¥4,210、再診 ¥700、その他 ¥7,298)
line

2008年5月9日(金)

今週はよく頑張った。GW中とはいえ、平日3日間はちゃんと弁当作って通院したし!

今日は10時に通院。たった1時間だけど9時よりゆったりできた朝だった。
でも、やっぱりバス&電車通院は面倒。

今日は看護師Tさんに右肩に打ってもらった。
Tさんはじわーっと打つから痛いけど、その前に『おまじない。』って言って、打つ場所に指を強く押し当てて、痛みに慣らしてから、注射してくれるいい人。

注射 ¥7,450、再診 ¥700
line

2008年5月8日(木)

今日は10時診察だったので、朝はいつもより少しゆったりできた♪

採血して、結果待ちの間、近くの店で時間を潰して、結果が出たと電話があったので病院へ戻ってきて、内診、診察をした。

卵胞は育ってきているが、まだまだみたい。

今日は看護師Uさんに、左のお尻に打ってもらった。
そこそこ痛くなく、上手に打ってもらった。

注射 ¥7,450、再診 ¥700、採血 ¥4,210
line

2008年5月7日(水)

今朝は頑張って5時起きで弁当作ってから、9時半にバス&電車で通院。
私、よく頑張ってるわ!

今日は看護師Kさんに左肩に打ってもらった。

病院の事務が休みの日は、診察代が払えないので、平日にまとめて払うようになるんだけど、今日は連休中の注射代を一気にまとめて払った。¥48,000くらいした。ビックリ!
仕方ないね。不妊治療は保険の効かない自己負担100%なんだから。

注射 ¥7,450、再診 ¥700
line

2008年5月6日(木)

今朝も9時通院。
右のお尻に注射してもらった。
お尻に打ってもらうときは、つい力が入ってしまう。
力入れると余計痛いんだけどね・・・( ̄ー ̄;)

注射 ¥7,450、再診 ¥700
line

2008年5月5日(月)

今朝も9時に通院。
今日は採血して、内診もあった。
卵はぼちぼち薬の刺激が効いてきたくらいだった。
今日は左肩に打ってもらった。

今日5日と、6日7日も注射して、8日(木)にまた診察。
採血して、注射の量を決めるらしい。
平日中はバス&電車通院だから面倒だなぁ。

今日は採血もあったので高かった。
注射 ¥7,450、再診 ¥700、採血 ¥4,210
line

2008年5月4日(日)

今日は親戚とBBQへ行く日。
なので、毎朝9時に注射だったのを少し早くしてもらって、朝8時半に救急外来で看護師Kさんに打ってもらった。

今日は右肩に打ってもらった。この後ドライブするからお尻に打って痛かったから困るから。Kさんはさっと打った。その瞬間はぐっと重たい感じがするけど、ひどく痛くなかったし、後も楽だった。

今日も注射 ¥7,450、再診 ¥700 だった。
line

2008年5月3日(土)

今日は旦那に連れて行ってもらった。やっぱり車は楽だ♪

今日は看護師Tさんだった。左のお尻に打ってもらった。
Tさんは打つとき、ゆっくりめなので、じわーっと痛いんだけど、後が痛くない。今日は量が少なかったし、痛みに鈍い方のお尻だったからかは、よくわかんないけど。

今日は注射の量が減った分、少し安かった。

注射 ¥7,450、再診 ¥700
line

2008年5月2日(金)

注射通院2日目。
今朝は頑張って旦那の弁当を作ってから通院した。
今日は左肩に打ってもらった。

昨日は看護師Tさん。採血のときに『いい血管してますね。』って言ってくれた人。
採血は少し痛かったけど、筋肉注射は打つとき痛くても後が楽だった。

今日は看護師Mさん。打つときは痛くなかったけど後が痛かった。
人それぞれ違うもんだ。

今日はMさんに『量が多いから少しでも痛くないお尻がいいね。』と打つ前に言われたので「昨日より量が多いんですか?」と聞いた。どうやら昨日と量は変わらないらしい。だから、昨日肩に打って大丈夫だったなら、今日も肩でいいねと左肩に打ってもらった。

お尻より肩の方が痛みを感じやすいらしい。
一つ勉強になった。

今日も注射代は高かった。

注射 ¥11,080、再診 ¥700
line

2008年5月1日(木)

予定通り採血してホルモンの数値を確認。
OKだったので、今日からめでたく採卵へむけて注射で刺激の開始。
今日は前回気になったことを一気に質問した。

①注射って痛い筋肉注射?

そうだった。打ってもらって、とても痛かった(T□T)右腕にしてもらった。
筋肉に薬がめりめりと入りこむようなかんじだった。

②今までより強い刺激になるの?

刺激の方法を変えると、卵の質が変わることがあるらしい。
今までの方法で妊娠に至らなかったので、質を変えて、可能性を変えてみようということらしい。
刺激は強くないみたい。

・・・この返答を聞いてようやく思い出したが、いつかも同じ質問をしていた。ど忘れしてた・・・

③どうして方法を変えるの?

②の通り。質を変えて可能性を変えるため。
妊娠する可能性が高くなるほうに変わることを祈るのみ!

④強い刺激に変えて、卵を多めに採るってこと?

先生『できたら取れればいいんですけどねぇ・・・』

やってみないとわからないらしい。多めに採れればいいけど、私の場合量より質だ!
いい卵育ってくれることを祈るのみ!

いったん生理がくるらしい。とっくに予定日は過ぎてるけど薬のせいかな?
内診中に先生に『生理はもうすぐなりますよ。』って聞いたし、大丈夫だろうけど、GW中にくるのか・・・憂鬱だな・・・

とりあえず4日まで毎日注射通い決定!
5日に採血してホルモンの数値を見て薬の量を決めるそう。
この刺激がGW中でよかったと思う。
旦那に毎日注射通いのことを話したら『休み中の送迎は任せとけ!』と言ってくれたし。頼りになるわ。

今日の診察代は¥18,720だった。
(注射 ¥11,080、採血 ¥6,050、診察¥700)
採血高いの知ってたけど、注射代も高いのね・・・
line

2008年4月25日(金)

まず診察で、薬をちゃんと飲んで、何個残っているかを確認してから、内診だった。
卵巣の腫れは意外にもひいてるようだった。
採卵後は3ヶ月休んで、それから準備をはじめてたから、今回もそのつもりでいたんだけど、案外早く卵巣の腫れがひいたので、『5月には刺激をはじめる。』ということになった。予想より1月早くなったので、心の準備ができておらず若干戸惑った①

マーベロン残り3日分飲みきったら『次は5月1日に通院して、ホルモンの数値を確認してから注射する。』と聞いた。今までの刺激の方法は飲み薬だったので注射って?と思ったら『前回話したと思いますが、次からは刺激の方法をかけて注射にします。』とのことだった。思い切り忘れていたので、刺激の方法が変わることに戸惑った②

さらに『5月中旬には採卵の予定です。』と聞いて、思っていたより、だいぶ早くするので戸惑った③

さくさくと治療が進めることは嬉しいし、望んでいたはずだけど、勝手に自分が思ってた以上に早い展開だったのでびっくりしちゃった。だから後になって気になり出したことが、いくつか出てきた。

①注射って痛い筋肉注射?
②今までより強い刺激になるの?
③どうして方法をかえるの?
④強い刺激にかえて卵を多めに採るってこと?

今回は戸惑って聞く余裕がなかったので、次のときに聞いてみよう。

この予定だとGW中毎朝9時に注射しに通わないといけないんだそう。
GW中に旅行の予約してなくてよかった。でも、もし注射の副作用で動けなくなったら『GW中なのに遊びにこない。』って義母に怪しまれちゃう。調子悪いのは隠したい。また伯母の調子がよくなくて、義母はただでさえ心配事があるっていうのに、私のことまで心配かけさせたくないよ。いつまで隠しとおせるかな・・・
line

2008年3月18日(木)

高温層になったので病院へ行った。

2,3日前から卵巣あたりがチクチク痛い。腫れてるんだろうなーと思いながら内診を受けた。新しい生殖医療科は内診の様子を患者も見れるのでモニターを眺めつつ「あれが卵巣かな。腫れてるっぽいなー。」と思ってたら先生も「腫れてますね。」と言った。やっぱりね。

先生『腫れているので落ち着くまで様子を見ましょう。薬出しておきます。まず生理がきたら2日目からプレマリンを12日間飲んでください。全部飲んだら、次の日からプラノバールを飲んで、プラノバールを2週間分飲んだら予約してきてください。』
私 「・・・・(プラノバールってどっかで聞いた事あるような・・・?)あの、プラノバールってホルモンの薬ですよね?」
先生『どちらもホルモンを調節する薬ですよ。』
私 「あのー・・・プラノバールは気持ち悪くなるって言った薬ですよね?」

自分でもよく覚えていなかったので質問をしてみる。

先生『あぁ!ダメだったんかいね?じゃぁマーベロンにしますね。』

あっぶねー( ̄□ ̄;)
前に「プラノバールは嫌だ」って言ったときにカルテに書いてくれたような気がするんだけど、チェックはしてくれないのね。自分で覚えてて処方されないように自己防衛するしかないんだね。やれやれ。薬の飲み方はそのままでプラノバールがマーベロンに代わった。

診察後、きちんと確認するために看護師さんから薬の飲み方の説明があった。
この看護師さん『この間は残念だったね。大丈夫?』と声をかけてくれた。
明るく「大丈夫ですよ。」と答えた。
本当はクヨクヨし出すと、いじけたり、弱音はいっぱい出てくるけどね。
でも、そんなことして休憩するつもりはない。時間がないんだから!って自分に喝を入れているので大丈夫と思ったから、そう答えた。
line

2008年2月26日(木)

私の29歳の誕生日。
ばっくん(ペットの犬・智の友達犬)とオカン(飼い主。ご近所さん)が誕生日祝いに来てくれたとき、トイレに行くと下着が赤くなっていた。びっくり!生理がきた。先生が『1週間にはきますから。』と言っていたが、それは1週間以内ということだったのか。旦那はそう解釈したらしいけど、私は1週間後と解釈してたので驚いた。
生理がくると着床しなかった証拠を突きつけられるようで落ち込むかと思っていたけど、ばっくんもいたし、楽しい気分の勝ちだった♪
それに、前向きに考えるようにしてたものの、どこか直感でダメな気がしてたし、だから想像ほど辛くはなかった。
これで体がリセット。周期1日目。2週間したら高温層になるかな。そしたら病院。採卵へむけて準備だ。
line

2008年2月25日(月)

残念な判定があってからはじめての平日。家で智と二人。散歩には出かけたけど、なんだか心細くなって少し涙が出た。だけど、明日はばっくん(ペットの智の友達の犬)とオカン(飼い主。ご近所さん)が誕生日祝いに来てくれるし、掃除したかったので、いっぱい掃除して気分を晴らして涙を止めた。旦那が帰ってきた夕方。本当は3日後に友人の家に行って、家事を手伝おうとする意気込みが伝わらない旦那のことを、いっぱいグチってスッキリさせようと思ったんだけど、ガマンできなくなって旦那に言ってみた。

旦那『明日パンがいるよ。』
私 「は!(ホームベーカリーに)セットしてなかった。そうだ!もし、これから私が動けなくなってもいいように教えといてあげるよ。覚えときんさい♪」
旦那『えー?』
私 「ホラホラ。」

それでもPCの前から離れない旦那だったので、今日はここまでにしとくかと一応教える風に「小麦粉が250gねー・・・」と虚しい独り言を言いながらパンをセットした。

私 「ねー(旦那)はいざというときの為に備えて、前もって色々用意するタイプじゃん。次の移植まで時間あるけん、今から少しずつ家事を覚えていかん?」
旦那『うーん、今は覚えれん。』
私 「じゃぁ、いつになったらいい?年度末は大変じゃもんね。5月頃には落ち着く?」
旦那『わからーん。』
私 「・・・・・。でも、いつかは覚えてくれんと、私が動けなくなったら、どうするん?」
旦那『なんとかなるよー。』
私 「でも、今回大変そうだったじゃん。」
旦那『今までも何とかしてきたでしょ。何を覚えろって言いよるん?』
私 「まずはゴミ捨て。ゴミの分別から、どこにゴミを捨てるかから。」
旦那『今は無理よー。』

全然取り合ってくれない。これ以上言うのは喧嘩腰になりそうだったので、やめた。言ったら言ったで小心者の私は落ち着かないので、旦那に謝りはしないが、(間違ったこと言ってないもん!)明るく接した。どこかで旦那に全て押し付けてるような気もしたし・・・旦那も滅入ってるような気もしたし・・・

でも、取り合ってくれない寂しさを理解してほしくて素直な気持ちを全て言った。

ゴミ捨てをうるさく言うのは家にゴミがたまってると悪い運気がたまって何事もうまくいかない気がして不安だから、私が動けなくなってもちゃんと捨てれるようになってほしいこと、判定前は怖くて無理に明るくしてたとか、判定後も強がってたこと、やっぱりとても残念で昼に泣いたこと、旦那自身不整脈のことや仕事で大変なのに家事を覚えろって言うのが本当は心苦しかったこと、ちゃんと先のこと考えて暮れてるって信じてたこと、でも先延ばしみたいな返事しかしてくれなくて怖くて不安でたまらなかったこと・・・・
ぜーーーんぶ泣きながら言った。

旦那は全部わかってくれていた。ただ、本当に先のことを考えると、別の大事なことでいっぱいいっぱいで、家事は後にしてほしかったと言われた。私が強がっていたから旦那も空元気でいたとか、昼に泣いたのズルイ。自分は仕事場だったから泣けんかったのにーとも言われた。二人で泣いていた。
言いたいこと言ったし、素直な気持ちになったから、お互いスッキリした。お互いの考えがわかって安心した。

押し付けるような言い方してたかなと反省し、別の方法で旦那が家事を手伝いやすいようにいざというとき困らないようにする方法を考えることにした。今は覚えられなくても、覚えてなくても、できるだけの準備はしておこうと思った。ので、この間のグチは解決した。

心配してくれた友達。ありがとう。もう大丈夫だから。
line

2008年2月23日(土)

妊娠判定日。


判定結果がデターーーー!
なんとなんとっ!!!

妊娠反応なーーーーーーーし(爆)



流産の心配するまでもなく、着床すらしなかったらしい(笑)
先生から報告されたときはやっぱり残念で、ダメだったかーって思うと泣きそうだったので、他のことを考えるようにした。「次、移植するにも花粉症の時期になるし、どうしよう?花粉症の薬は飲んでも大丈夫らしいけど、念のため今年は薬飲まずに頑張ってみようかなぁ?」とかとか・・・

採卵はもう3回目。慣れたもんだし、怖くないし、大丈夫!次へむかってさっさと準備だ!
次の採卵は早くて5月らしい。そして、また3ヶ月卵巣の腫れがひくのを待って、2ヶ月かけて移植の準備するんだから、次の移植は順調にいって10月くらいかな?すべて順調にいっても、年に1回か2回しかできない移植。35歳まで頑張るとしても、あと数回しかできない。休んでるヒマはない。落ち込んでる場合じゃない。前向きにいかなきゃ!!

思ったほど落ち込むことがなかった。全く泣かなかった。どっちかっていうと、安心して動けることが嬉しかった。風邪ひいたって薬飲めるし、智(ペット)と散歩できるし、それで体が冷えても大丈夫だし。家事も心おきなくできるし!人に調子が悪いって動けない理由に嘘をつくこともない。
こういう考えでいいのかな?もしかして実は妊娠したくなかったりして(笑)

おまけ
旦那が不整脈の治療の為に服用してる薬が効いてきた。3月末には電気ショックでの治療をうけれそうだし、やっぱり私は今妊娠してる場合じゃなかったりして。いや、治療は外来でできる簡単なものらしいし、別に私が妊娠してても問題ないはずだけどね。でも卵が時期尚早だと判断したのかもしれない。それなら仕方ないか。
line

2008年2月22日(金)

いよいよ明日は判定日。
聞いた話によると、妊娠の陽性反応が出ても、心拍を確認できない状態だから安心できないらしい。何と言っても、体外とかは流産率高いらしいから・・・
反応が陰性でも、陽性でもその後流産したら、自分は耐えられるか自信ないや。
もしかしたら、明日は先生の前で涙こらえきれないかも・・・
line

2008年2月21日(木)

茶色いおりものはたぶん火曜日に止まった。よかった。

今日はグチを書いてみる。

移植してからは先生には『普段通りの生活でいいですよ。』と言われたものの、やっぱりお腹に力を入れるのは怖く、ストレスもよくないかなと色々大事をとって家事をお休みにしていた。
移植後2日間夕飯を作ってくれた旦那。3日目からはしんどそうにしてるのでIHの電磁波に気をつけながら夕飯を自分で作ることにした。案外判定の日までの11日は長く、部屋が汚くなってきたので仕方なく掃除機もかけた。たまった洗濯もした。
『そこまで、できるなら、もう普段通りでもいいんでない?』と旦那は思ったのかも・・・
今までは時々してもらっていたゴミすてを、移植後から毎朝ゴミ捨てしてもらうようお願いした。とは言っても、私が前の晩に準備しておくので、もっていくだけ。昨日の晩は・・・

私 「明日はこれお願いね。」
旦那『何個ある?』
私「3つ。よろしくね。」
旦那『もっていけたらね。』
私 「そんなにないよ。」
旦那『(犬の散歩ついでのもっていくので)智がおるもん。』
私 「・・・・・」

移植してからの家事協力で、ごみ捨てもどきも手伝わないつもり?智がおるなら2回にわけるとか、散歩後でもってくとかでいいじゃん。時間ないなら、散歩時間減らすか、早起きしたらいいじゃん。家事協力もう何もしないつもり?弁当作りを休みにしてくれたけど、それだけ??私はおりものが茶色になったときパニックになったの。今は落ち着いて少し前向きになったけど、まだ怖いの。それでも、なんとかいいように前向きになろうとしてるのに、前向きなこと言ってるうちは安心だと思って気を抜いてない???本当は不安なの。もしダメだったら・・・て考えちゃって、昨日お皿洗ってるとき涙が出たんだよ。旦那は寝てて気づかなかっただろうけどさ。今からこんな頼りなくてどうするの????もし、うまくいって、私がつわりで動けなくても頑張れるの?????もしかして、うまくいかないって思ってる??????ゴミ捨てもどきくらい『任せといて!』ってなんで言えないの?????

・・・・・・・次の朝、旦那はもっていってくれたけどね。
・・・・ありがと。
line

2008年2月16日(土)

採血をしに病院へ行った。
そのときに昨日から気になっていることを看護師さんに聞いた。

私 「おりものが茶色になってるんですけど、問題ないですか?」
看護師『座薬のせいかもしれませんね。よくあることですから。』

昨日、ほーーーーーんの少しだけど血らしきものが出て、もしかしたら生理始まるかもとビックリして落ち込んで少し泣いた。旦那に『まだ体温高いし、しっかり検査するまでわからんのじゃけ、落ち込むなら、ちゃんと結果がわかってからにしようや。』となぐさめられた。それから『そんなに心配なら看護師さんか先生に聞いてきんさい。』とアドバイスをくれたので、冷静になって、今日は聞くことができた。

大丈夫そうなので、とっても安心した。
いやー自分でも薬のせいじゃないかと思ってたんだよねー(落ち込んで泣いたのはダレ?笑)
判定は23日。それまで足腰冷やさないよう気をつけて過ごそう。
line

2008年2月13日(水)

移植翌日。
今朝の体温は36.74℃。一応高温層だけど薬のせいだろう。
一体いつ着床するんだろう?もうしてるのかな?

昨日、移植時に『ものすごい勢いで成長してますから。』と卵を誉められた。嬉しかった。もしかしたら、1回の移植で我が子を出産できるんじゃないかと期待してしまいそうになった。

もうすぐ自分の誕生日。嬉しい誕生日を迎えられるといいけど・・・
これからは未知の世界。自分の体がどこまで卵を育てられるんだろう?
赤ちゃんとなって出てきてくれるまでは安心できない。
line

2008年2月12日(火)

はじめての移植。

楽しかったオフ会(ペットのあつまり)の余韻を引きずっていたので、移植当日という実感がない中、準備をして病院へ向かった。バスに乗ってると段々実感が湧いてきて、少し緊張してきた。病院へ着くと、初めての採卵のときほどではないけど、割と緊張してきた。

1時半~2時に移植予定だったけど、事前に卵の状態の説明があり、それから2時にようやく休憩室(移植後寝るベッドが置いてある部屋)に案内され、術衣に着替えて待つ。
待つ・・・待つ・・・・・・まつ・・・・・・・マツ・・・・・・
眠たくなってきてうつらうつらしながら待つ。
ようやく呼ばれたのが2時45分だった。
『結構待ちましたね。』と看護師さんに言われながら、移植室へ移動。台に横になって、上に吊るしてあるTVに写った、卵の画像を見ながら説明された。
緊張していたので受精卵を見た感動はなく「ふーん」と説明を聞いていたら『実感ないですか?』と看護師さんに言われた。正直、理科で習ったようなまん丸とした卵かと思っていたのに、ボコボコした楕円形の卵だったから大丈夫かなと心配で嬉しさはなかった。
ようやく3時に先生が来た。
その少し前に『もうすぐ先生が来るから。』と最終準備(足を広げて、股間にライトを照らされる・・・恥ずかしかったけど、看護師さんは見慣れた光景だから気にしてないさと思うようにして、なんとか落ち着こうとした。)をして待つ。先生は手を洗浄したり、器具の用意をする。その間も足を広げる私・・・・
やっぱり恥ずかしい!(>。<)

まずはエコー。それから膣洗浄して、細いカテーテルを子宮に通す。痛くないか、そればかりが不安だったけど、なんとか生理痛のときの腰のだるい感じだけで済んだのよかった♪
それでも、いつ痛い思いをするか不安でしょうがなかった。上のTV画面に、いよいよ移植というときにエコーの画像が映った。白く丸いのが動いてるなと見ていたら『これが卵です。ここが子宮です。』と説明してくれた。素人にはよくわからないものだった。それでも実際に卵が動いて入っていってるんだと思うと嬉しかった。薬で体を整えておく以外、大した準備のいらない、15分間の移植が終わった。
膣洗浄をしてもらって、ストレッチャーで休憩室のベッドへ戻る。それから30分は起きたらいけないから、少し多めに45分ほど休憩した。緊張がとけたのと、うまく妊娠できたらみんな喜んでくれるかな?と思うと少し涙が出た。

休憩後、診察室の前で待っていたら呼ばれた。2日ほど血液検査があるだけで、判定は11日後の23日になるらしい。それまでは貼り薬と膣座薬を続けるらしい。

私 「普段の生活でいいんですか?散歩しても大丈夫ですか?」
先生『いいですよ。よほどの登山とかでなければ(笑)』

ということだったけど、お弁当作りは休ませてもらって、2日間は旦那に夕飯を作ってもらうことにした。3日後からは夕飯だけは作るようにしよう。特に気をつけることはないらしいけど、智(ペットの犬)にお腹踏まれないように気をつけよう。

初めての移植。そんなに劇的に体調が変わるものでもないし、実感がもてないものだった。
line

2008年2月7日(木)

今日も採血、内診、診察だった。
内膜も厚くなっているようだし、ホルモンの数値も大丈夫なので、準備はOKだそう♪
今日の昼からスプレキュアはやめて、夜から膣座薬を開始。そしたら、いよいよ12日に移植だ!
前回、採卵前にオフ会(ペットの集まり)へ行ったけど、今回移植前にオフ会へ行くので疲れが出ない程度に遊ぼう。疲れから、またお腹壊したら大変だからね。
看護師さんにも『また何かあったら早めに電話くださいね。』って言われちゃった。なにかっていうのは、下痢ですか?(笑)お腹冷やさないように、刺激物食べないように、食べすぎないように、気をつけてますよ。牡蠣オフ(ペットのあつまり)も万が一牡蠣に当たったらいけないから1個だけにガマンするよ。
さぁ翔を迎えに行くよ!待ってて翔~!!
line

2008年2月1日(金)

今朝はご近所さんとバスが一緒になって焦った。一緒になるのは2回目なのでいい訳に困ったが、旦那の誕生日の翌日だったので、「プレゼントを今頃買いに行くんです。」って誤魔化しておいた。

今日も採血があったので、結果が出るまでの約1時間近くの店で買い物をして時間を潰した。電話で呼ばれたので病院へ戻ってすぐ内診。超音波だけかと思ったら、膣洗浄もされた。うぇ・・・内診の結果は子宮内膜もしっかり厚くなっているようで準備は順調だった(^^)v
診察を終えて診療代を払うとき、¥5,000近くいった。今月初めての診察と採血があったからか・・・とりあえず財布にお金があってよかった。「お金出してきます・・・」は恥ずかしいもんね。

待ちわびた日が近づいている。あ~楽しみ♪
line

2008年1月25日(金)

今日からエストラダームという貼り薬の開始。
はがれないように、サージカルテープをバッテン印に貼って補強しとかなきゃ!
これからスプレキュアとあわせて、シールも忘れずに交換しなくては!!
それにしても、この薄っぺらいシールのどこに子宮に左右する薬が含まれているのか?肌から薬が伝わるのかが不思議。
line

2008年1月21日(月)

19日の夕方から生理になった。今日は生理開始3日目で腰がだるいけど、道路に雪が残ってて寒いけど、通院する日なので出かけた。
・・・・が、いきなりバスを逃した!ガーン( ̄Д ̄∥)

なんとか診察時間には間に合って病院へ着いた。すぐ採血した。結果が出るまで時間がかかるので、給料日だったので銀行めぐりして、昼食をとった。結果が出たと病院から電話があったので戻った。

診察では『準備ができてますからね。これからも準備をすすめていくので、週末から貼り薬もしてください。説明はなくてもわかりますよね?』と先生に言われてしまった。えぇえぇ、わかりますよ。準備だけはしたことありますから( ̄∀ ̄)と心の中で言った。いいもん。皮肉は言うけど、もう乗り越えたから。今度はお腹壊さないように気をつけるもん。

2月12日に胚移植の予定。意外と早いんだ。まぁ直前に牡蠣オフ(ペットの集まり)に行けるからいいけどさ♪あんまり疲れが出ない程度に遊ぼっと♪
line

2008年1月17日(木)

スプレキュア開始10日目。どうも1週間経った頃から卵巣のあたりが痛む。たぶん腫れてるんじゃないかな・・・前もそうだったし。走ったときにわき腹が痛くなるかんじが、卵巣あたりであるかんじ。
line

2008年1月7日(月)

『高温層になったら来て。』と言われていたので、金曜日に高温層になってみたいなので病院へ行ってきた。
一度移植の準備だけはしたことがあるから知ってたけど、予定通り明日からスプレキュアの開始になった。また毎日1日3回朝昼晩プシュっと忘れずにしなくちゃ。
line

2007年12月7日(金)

昨日は朝以来おなか壊れず。でも念のため昼食後に処方してもらった薬を飲んだ。

何?移植中止が決まったら下痢が治るの?原因の一つに緊張もあったかもしれないけど、採卵のときほど緊張してなかったよ?それに今まで緊張で下痢になんてなったことなかったよ?
・・・と自分の体に腹が立った。

しかし、夜中12時にまた下痢になった。
なので、今朝も薬を飲んだ。それからはお腹の雲行きは怪しくならなかった。ようやく薬が効いたみたい。もっと早く病院へ行っておけば、移植に間にあったかも・・・そうは言っても、もう後の祭り。この下痢止めは大事にとっておこう(笑)
line

2007年12月6日(木)

今朝も下痢は止まらず・・・
もうあきらめて9時に電話した。

先生『融解は中止します。』だって。

移植中止になっちゃった・・・

泣いた。悔しくて。情けなくて。

でも生理をこさせる薬をもらわないといけないので病院には行かないといけなかった。その前に、違う病院でおなかを診てもらった。血液検査したけど、白血球の数値は高くないので、風邪や食あたりではないらしい。激痛ではないのでサヨリにつく寄生虫でもないらしい。

先生『原因不明ですが、よくあることなんですよ。何にしても下痢は止めないといけませんから、薬出しておきます。』

原因不明じゃ次の移植の前に気をつけようがないじゃん・・・
心配だなぁ・・・次は下痢になるなよ、私の体!
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ななんY

Author:ななんY
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。